読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【魔法使いの嫁】ネタバレ無料

こんにちは、ななです。
魔法使いの嫁】 
を読んだので紹介します。
 
私は、まんが王国で無料試読出来たので
是非読んで下さい。
 
無料試し読みはこちら

魔法使いの嫁は、一人の少女の

物語です。

 

母親は幼くして亡くし、父親も幼い頃

に出て行ったっきり

 

帰ってきませんでした。彼女は一人

ぼっちです。

 

そんな彼女は親戚をたらい回しに

されます。

 

しかし、親戚たちは彼女を疎ましく

思います。

 

何故なら、彼女には普通の人には見え

ない、妖精、怪異の類が見える

 

特殊な目の持ち主だったからです。

 

彼女は自暴自棄になり、自分の存在

価値がわからなくなります。

 

そんな中、ある日自分を必要として

くれる、

 

欲しいという人に自分を預けてみる気

はないかと、男から声をかけられます。

 

その言葉に、彼女は自分なんて如何

なっても構わない、

 

生死すらもと考え、ついていくことに

決めます。

 

その場所は競売場。彼女は人身売買の場

に出されたのでした。

 

周りは金持ちや道楽者ばかりで、彼女は

どんどん無気力になっていきます。

 

どうせ、買われた先でも良い思いは

しないだろう、疎まれるだけ、

 

そう考え感情を閉ざしていきます。

 

そんな中、一風変わった姿の人が、競り

を一気に吊り上げ彼女を購入します。

 

頭蓋骨の男は自分を魔法使いと名乗り、

彼女を家に連れ帰ると、

 

弟子として家族同様に迎え入れたいと

言い出しました。

 

彼女が妖精等を見る事の出来る目を持って

生まれた事を、

 

得では無いかも知れないが幸運と言い、

彼女は妖精たちから

 

愛される素質を持って生まれた

「スレイ・ベガ(夜の愛し仔)」

 

なのだと説明します。

 

彼女は自分の存在がどの様なものなのか

を理解し、

 

それでも家族として扱ってくれた事に

喜びを感じつつ、

 

これから先どう生きるかを考え始めます。

 

買われたその夜、彼女は妖精に誘われ

深い森へと入っていきます。

 

それを魔法使いはこっそり後をついて

いきます。

 

妖精から、楽しく一緒に妖精の国で生き

ようと誘われる中、

 

彼女は家族として受け入れてくれた事を

忘れられなく残る事を妖精に伝え、

 

魔法使いの元へ帰ろうとします。

 

妖精は引き下がりません。

 

そこへ魔法使いが妖精を止める為に出

て行きます。

 

彼女は夜に家を出てきた事を怒られる

と身構えますが、

 

そんな彼女に魔法使いは優しく頭を撫でて

帰って怪我の治療をしようと言います。

 

未来の奥さんに傷が残っては大変だ、

と。

 

彼女は一瞬理解できず、きょとんとし

聞き返します。

 

魔法使いは、弟子にもする気で尚且つ

お嫁さんとして

 

彼女を購入した旨を伝えます。

 

そうして、彼女と魔法使いの奇妙な同棲

生活が幕をあげたのでした。

 

 気になるようでしたらまんが王国で
無料試し読みできるので読んでみて
ください。
 
まんが王国で無料試し読みはこちら
 
魔法使いの嫁】 
          で検索すると出ます。