読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【少女不十分】ネタバレ無料 少女はなぜ不十分なのか

 

こんには、ななです。

【少女不十分】のまんがを読んだので

紹介します。

私は、まんが王国で無料試読出来たので

是非読んで下さい。

 

無料試し読みはこちら

物語シリーズ

 

掟上今日子の備忘録」

 

めだかボックス

 

西尾維新が執筆した小説「少女不十分」。

 

それが「さんかれあ」のはっとりみつる

よってコミカライズされたものです。

 

作家志望の大学生「僕」が行動の端々に

異常性が垣間見える

 

小学生「U」と出会い、

 

「U」によって歪な監禁生活を強い

られます。

 

次々と露わになる「U」の異常性の謎。

 

なぜ「U」はトラックに友達が轢かれて、

友達に駆け寄る前にやっていたゲームの

セーブをしてから友達に駆け寄ったのか? 

 

なぜ「U」は「僕」を監禁するのか? 

「U」の両親はどこで何をしているのか? 

 

「U」の言う「本当の私」とは何なのか?

 

破綻していく監禁生活と共に明かされていく

謎の答え。

 

不十分な少女の正体に行きついた「僕」が

「U」にしてあげられることは――――

 

小学生女子に誘拐される大学生の男性の

物語と書くと非常にシュールです。

 

やっぱり凶器を突きつけられていても

相手は小学生なので、

 

大学生である「僕」の心情は非常に

呑気なものです。

 

そもそも「僕」が携帯を持っていたから

いつでも助けを呼ぶことができたり、

 

物語中盤で簡単に監禁部屋から脱出

したりと杜撰さが際立つ監禁。

 

ですがそこは西尾維新らしく軽妙な

展開で不思議な世界観に引き込みます。

 

そしてはっとりみつるの美麗なタッチ

で描かれる「U」が

 

その異常性にマッチして存在感を際立

たせていました。

 

非常にジャンル分けが難しい作品ですが

あえて言うならミステリー。

 

なぜ少女は大学生を監禁するに至った

かが物語の肝と言えます。

 

作品の最後、「U」に聞かせられた

「言葉」にとても感動しました。

 

「U」のようにたとえ人に明かせない

何かを抱えていたとしても、

 

幸せになっちゃいけないってわけ

じゃない。

 

読者の自分も幸せになっていいんだよ

と言われているようで、

 

すごく救われた気分になりました。

 気になるようでしたらまんが王国で

無料試し読みできるので読んでみて
ください。
 
まんが王国で無料試し読みはこちら
 
【少女不十分】 
          で検索すると出ます