読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【修羅の棺】 蒼星の父は誰かに殺された

こんには、ななです。
【修羅の棺】のまんがを読んだ
ので紹介します。
 
私は、まんが王国で無料試読出来た
ので是非読んで下さい。
 
 無料試し読みはこちら

 

奥津川は蒼星を心配して声をかけます。

 

蒼星はお忙しいところを申し訳ないと謝り

奥津川は蒼星の父とは友人だから当たり前

だと言います。

 

蒼星は悲しくて涙をながします。

 

奥津川はこれからは父親代わりになって

あげるから何かあったらいつでも言って

きなさいと優しい言葉をかけます。

 

島さんと新人刑事の2人は奥津川を見て

いました。

 

33年前はまだ奥津川は若かったけど、妙に

キモのすわった男だったと島さんは

言います。

 

その時、安藤亮輔という名前のやり手の

弁護士が葬式にきます。

 

その隣の男は堀内淳士といって芸能プロダ

クションの社長をしている人です。

 

蒼星の父と今来た2人と奥津川は、33年前の

事件当夜マージャンを4人でしていたと

島さんは言います。

 

もう一人マージャンをしていた小説家も

いると言います。

 

蒼星は顔色が悪くて今にも倒れそうです。

 

香流は一人で大丈夫?と蒼星を心配します。

 

聖吾は香流をおくるから大丈夫だと

言います。そして解散します。

 

蒼星の父は香流が家族になると知り喜んで

いた事を思い出します。

 

蒼星はどうしても父が自殺したとは思えま

せんでした。

 

父が自殺する理由がまずないし絶対にあり

えないと思っていました。

 

蒼星は父さんの日記を見てみようとダン

ボールをあさります。

 

すると33年前の殺人事件の殺された2人の

夫婦の事が書かれてある新聞の切り抜きを

見つけます。

 
気になるようでしたらまんが王国で
無料試し読みできるので読んでみて
ください。
 
まんが王国で無料試し読みはこちら
 
修羅の棺】で検索すると出ます。