読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんが【火葬場のない町に鐘が鳴る時】10年ぶりの田舎

 無料試し読みはこちら

 

ゆうとと父と母は引越し業者に8件も

断られて結局父が運転していく事に

なります。

 

10年ぶりにみとず町に3人は戻って

きました。

 

ゆうとはワクワクしています。

 

ニヤニヤしていたら母に東京よりも田舎

が好きなの?

 

と驚かれ、ゆうとは田舎の不便を想像

すると僕もつらいと言います。

 

そしたら母は父に引き返そと暴れます。

 

けどゆうとは10年ぶりに咲という女の子

に会えるのが楽しみでなりません。

 

父は夜の習わしにさえ慣れさえすればと

意味深な事を言います。

 

ゆうとは突然悪寒がします。

 

ゆうとは散歩してくるといい散歩に

行きます。咲の家に行くつもりです。

 

咲が住んでた家があったとこには

マンションがあります。

 

咲にはもう会えないと思いとぼとぼ歩い

ています。

 

歩きながら咲のと遊んだ思い出などを

思い出しています。

 

さっきまで父と母がいた饅頭屋は火事に

なっていて2人はもうそこにはいません。

 

誰かいないのか呼んだら屋根から声がして、

ゆうとは早く飛びおりてと言い、僕が

受けとめるからと言います。

 

飛び降りてきたのは、咲です。

 

ゆうとは咲?と言うと咲は飛び降りかかと

落としをくらわせます。

 

ゆうとの父さんは立派な人だなぁと

思いました。

 

ゆうとも咲に会えてよかったです。

 

気になるようでしたらまんが王国で
無料試し読みできるので読んでみて
ください。
 
まんが王国で無料試し読みはこちら
 
火葬場のない町に鐘が鳴る時

   で検索すると出ます。